古川陽介(dj sleeper)が語る「原田茶飯事」

sahanji_main

【目次】
原田茶飯事ロングインタビュー
1.DIYなシンガーソングライター(8/1公開)

2.“はだかのうた”をください(8/2公開)

3.ギターで白地図を塗りつぶしていく(8/5公開)

4.“友達”を照らしていく音楽(8/6公開)


4人が語る、原田茶飯事というミュージシャン
「絶対的な良さがあるから、ひねくれたポップを歌える」
——森達彦【サウンドプロデューサー】(8/1公開)

「ポップさの裏に潜んだ『仕掛け』」
——キイリョウタ【梅田シャングリ・ラ店長】(8/2公開)

「『晴れているんだけど、ちょっと寂しい』――そんな人にも目を向けてくれる音楽」
——古川陽介(dj sleeper)【りんご音楽祭・瓦レコード主催】(8/5公開)

「ライブでの歌声がCD以上に魅力的」
——DJ YOGURT【DJ】(8/6公開)

djsleeper_interview

茶飯事さんの音楽には、品がある。
シャレもきいている。
でも、一番に感じるのは「哀愁」なんです。

「晴れているんだけど、ちょっと寂しい」、
「雨が降っているけど、楽しい」という感じで、
ストレートにいかない良さがある。

たとえ晴れていても、
全員が幸せなわけではなくって、
悲しんでいる人はいる。

茶飯事さんは、そういうところにも
目を向けて音楽をつくれる。
だから、ほっとするんですよね。

茶飯事さんを知ったのは3年ぐらい前かな。
DJ YOGURT(ヨーグルト)さんが曽我部恵一バンドの上野さんたちと
弾き語りのライブをしたことがあったんですけど、
その時に茶飯事さんも出演していたんです。
その場で「僕のお店(瓦レコード)でもライブをやってください!」と
お願いするぐらい、いいパフォーマンスでした。

ライブといえば、年間150本以上も行なっていますよね。
僕が主催している「りんご音楽祭」に出てもらったり、
ツアーを組ませてもらう時があるんですけど、
茶飯事さんは物事の決断をするのが早いですね。
それと、根性がある。

北海道でライブする予定の翌日に、
「長野の松本でどう?」と聞いても
余裕でオファーを受けてくれますから。
結構大変なんですよね、移動って。
要は気合いが入っているんですよ。
そういう性格なんだと思います。

場所やお客さんの数に関係なく、しっかりライブをしますし。
いつも気合いが入ってて、いいなって。
だから誘うんですけどね。

今回のアルバムは、すごいスケールが大きくなったというか。
世界観が広くなったように思います。

仕事柄、いろいろなミュージシャンの音を聞くんですが、
彼らに最も近いリスナーとして、アドバイスをすることがあって。
茶飯事さんは、そういうのをしっかり噛み締めて、
作品づくりに影響させている。

そういう、成長する上で大切な素直さがありますよね。
今回のアルバム、すごいいいですよ。


ープロフィールー
古川陽介・dj sleeper(ふるかわ・ようすけ、でぃーじぇい すりーぱー)
2009年から長野県松本市で毎年開かれている音楽フェス「りんご音楽祭」主催、「瓦RECORD」オーナー。同市にある「瓦RECORD」は、古民家を改装した「クラブやライブハウスに限りなく近いパーティーハウス」で、週末を中心にイベントなどを開いている。

【りんご音楽祭 2013】
ringofes_banner_250_250
http://ringofes.info/


【瓦RECORD】
kawara_record_logo
http://www.geocities.jp/kawara_record/

8月17日(土)@瓦RECORD
Crystal[TRAKS BOYS,(((さらうんど)))]

8月23日(金)@瓦RECORD
渡辺俊美[TOKYO NO.1 SOUL SET,THE ZOOT 16,猪苗代湖ズ] / 飯島誓[勝手にしやがれ,THE ROMANTIC SIX]

8月31日(土)@瓦RECORD
カツマーレー&The SOUL KITCHEN

9月1日(日)@瓦RECORD
LEO今井 / 洪申豪(透明雑誌)

9月14日(土)・15日(日)@アルプス公園
りんご音楽祭2013


> 企画TOPに戻る