原田茶飯事「“はだかのうた”が聴こえますか?」

sahanji_main

mokuji_sahanji
原田茶飯事ロングインタビュー
1.DIYなシンガーソングライター(8/1公開)

2.“はだかのうた”をください(8/2公開)

3.ギターで白地図を塗りつぶしていく(8/5公開)

4.“友達”を照らしていく音楽(8/6公開)

> インタビューを最初から読む


4人が語る、原田茶飯事というミュージシャン
「絶対的な良さがあるから、ひねくれたポップを歌える」
——森達彦【サウンドプロデューサー】(8/1公開)

「ポップさの裏に潜んだ『仕掛け』」
——キイリョウタ【梅田シャングリ・ラ店長】(8/2公開)

「『晴れているんだけど、ちょっと寂しい』――そんな人にも目を向けてくれる音楽」
——古川陽介(dj sleeper)【りんご音楽祭・瓦レコード主催】(8/5公開)

「ライブでの歌声がCD以上に魅力的」
——DJ YOGURT【DJ】(8/6公開)

取材・文=石川裕二(石川編集工務店)
最終更新日:2013年8月6日


editors_comment_sahanji

シンガーソングライター・原田茶飯事
――この人ほど「知る人ぞ知る」という言葉が
しっくりするミュージシャンはいないのではないでしょうか。

大阪を拠点に活動し、注目を集めていた
「クリームチーズオブサン」のフロントマンで、
同バンドが解散した翌2009年にはソロ活動を開始。
コンスタントにアルバム制作を行なっており、
本日8月1日にはソロ4作目にして初となる全国流通盤
『光るジュレのなかから』をリリースします。

事務所・レーベルに所属していないながらも、
年間150本以上のライブを行なっている茶飯事さん。
「りんご音楽祭」「TOYOTA ROCK FESTIVAL」
「見放題」などの人気音楽フェスに出演する一方で、
全国のライブハウスやカフェなどで演奏し、
着実にファンを増やし続けてきました。

今年3月には、奇妙礼太郎トラベルスイング楽団の
「機嫌なおしておくれよ」をリミックスし、
同バンドの存在を全国に知らしめるきっかけの一つとなった
DJ YOGURT(ヨーグルト)さんが、茶飯事さんの代表曲「太陽」をリミックス。
同楽曲を収録したアナログ盤は入手困難になる売れ行きです。

そこへ来て、全国流通となる今回のニューアルバム。
タワーレコード各店でのインストアライブも決定しています。

僕は今、すごいワクワクしています。
今まで、猛スピードで水面下を泳いできたトビウオが、
その勢いで飛び跳ね、姿を表さんとしている
――そんな風に見えるのです。

『東京黎明ノート』では、
そんな原田さんの魅力を知っていただこうと、
実に9ヶ月ぶりとなる特集記事として
本人へのロングインタビューのほかにも、
茶飯事さんの音楽を知る4人に、
その魅力を語っていただきました。

先述したDJ YOGURTさん、
「りんご音楽祭」主催の古川陽介(dj sleeper)さん、
大阪のライブハウス「シャングリ・ラ」店長のキイリョウタさん、
さらにはムーンライダーズのプログラマーなどで知られる
サウンドプロデューサーの森達彦さん、という豪華メンバーです。

取材の中で、『光るジュレのなかから』の1曲目を飾る
「はだかのうたをください」の歌詞をなぞり、
「だれかの役にたつような歌を歌いたい。
聴いてくれる人の生活に寄り添うような歌を」と話した茶飯事さん。

五線譜に音符を紡いでいくように、
この記事が一人でも多くの人と茶飯事さんを結ぶ、
“はだかのきじ”になれればと願います。

だって、こんなにすばらしい曲をつくる人なのだから。

(石川)


sahanji_profile
原田茶飯事(はらだ・さはんじ)
大阪府出身。関西を中心に活動していた「クリームチーズオブサン」が解散した翌2009年から、ソロ活動を開始。ガットギターを片手に年間150本以上のライブを行い、全国を渡り歩いている。8月1日に最新アルバム『光るジュレのなかから』をリリースし、現在リリースツアー中。

http://haradasahanji.com


sahanji_jacket
『光るジュレのなかから』
2013年8月1日発売
¥2,200- TMT-0005
amazonで購入する

【収録曲】
1.はだかのうたをください
2.金色の人生
3.あしたも晴れるな
4.ひみつの茶飯事
5.ピクニック
6.冬がはじまると
7.青空でも曇り空でも
8.光るジュレの中から
9.すきだよ
10.夜更かししよう
11.フジヤマ(世界遺産記念BONUS TRACK)





> 「特集記事」TOPに戻る