Nico Vol.4「あたらしい作品、これからの『Nico』」

「自然を感じるアクセサリー」をテーマに、オリジナル性あふれる作品を発表しているアクセサリーブランド「Nico」。デザイナーを務める奥村仁幸に、ブランドのコンセプトや作品の特徴、ブランド立ち上げの経緯などを聞いた。現在のアートワークや学生時代の作品と共に紹介する。

【プロフィール】

奥村仁幸(おくむら・にこ)。「Nico」デザイナー。1985年生まれ、和歌山県出身。専門学校ヒコ・みずのジュエリーカレッジ アートジュエリーコースを卒業した翌2008年、アクセサリーブランド「Nico」を立ち上げる。アクリルの中に花や野菜などを入れたものや、コーヒー豆などをモチーフにしたアクセサリーを発表している。
Nicoホームページ=http://nicodesign.jp/index.html

取材・文=石川裕二(石川編集工務店)
写真=金子麻也

1.「指先に、自然を」(5/6公開)
2.「地球が素材」(5/7公開)
3.「ブランドの立ち上げ」(5/20公開)
4.「あたらしい作品、これからの『Nico』」(5/20公開)

4.「あたらしい作品、これからの『Nico』」

新たな素材への挑戦
ブランドは新しいステージへ

ーー背水の陣で臨んだという『INTERNATIONAL FASHION FAIR(インターナショナルファッションフェア、以下「IFF」)』では、アクリルシリーズのほかに金属を用いた新しいシリーズも発表していますが。

コーヒー豆、パセリ、トマトのヘタなど、一つひとつ型を取ってつくりました。これはすごい反応が良くて、「エココロ」(エスプレ)という雑誌で紹介していただいきました。僕自身、「エココロ」の愛読者なので、自分が好きな雑誌に紹介してもらえたことなど、その後の励みにもなりました。

ほかにも、18金のリングにアクリルのストーンをあしらったものや、最近はアメジストやブルートパーズなどのカラーストーンを使ったピアスなどもつくっています。やっぱり、「アクリルだけじゃなくて、新しいこともやらないと」という気持ちがあるんですよね。あとは、単純に金属を使いたかったというのもあります。金属ならではの面白い見せ方もあるので。

ーーアクリルと金属以外で、興味のある素材はありますか?

次は、石膏(せっこう)を考えています。石膏の中に指輪を入れて、掛けてくる具合を楽しむような。正にアメリカを旅した後の『紙一枚展』の作品のイメージなんですけど。それを今の僕がつくってみたら、また違う形で面白くできるんじゃないかな、と思っていて。色々なマテリアルを使うのが好きなので、樹脂だけにとらわれずにやっていきたいです。

左からK18リング バラ金箔(¥39,900)、SILVERリング バラ(¥12,600)

ーー今後の展望については、どうお考えですか?

大きく分けると3つあります。

まずは、今年中に山梨から東京に拠点を移す予定です。もともと、すぐ東京に戻ろうとは思っていたんですけど、なんだかんだで3年が経ちます(笑) 自然が豊かなので、やっぱり居心地がいいんですよね。ただ、現在、週に3、4日は東京に通っている状態なので、そろそろ東京にアトリエを構えたほうがいいと思って。

次は、アクセサリー業界の支援が充実するように運動することです。国内には、ファッションの支援機構がいくつかあって、衣服は海外のコレクションに出すときなど支援金をもらうことができるんですけど、アクセサリーは対象外なんです。抗議は何回もしていて、今もその途中です。日本で若いデザイナーを育てるつもりなら、もっとジャンルを広げて欲しいと思います。

最後は、「Nico」の海外進出です。世界に通用するようなブランドにしていけば、自分を、「Nico」を、もっと多くの人に知ってもらえるじゃないですか。自分が好きなもので人に認めてもらう、喜んでもらえる快感を一度味わってしまったので、その輪をどんどん広げていきたいんです。

ーー好きなことでお金を稼ぐというのは、難しいことですよね。それでも、好きなことを生業にしていきたと思っている人は、潜在的にたくさんいると思います。

そうですね。僕は、最初は自分の思い描いたものだけをつくればいいと思っていたんですけど、それではダメだった。そこで、我を通すだけではなく、周りの人たちの意見も聞いて。いろいろ聞いたほうが勉強にもなりますし、「売れる」「売れない」っていう、市場の現実的な部分も分かる。言われたら、突っぱねるのではなくて、まずは受け止めることが大事なんだと思います。

僕は自分の意見と周りの意見、半々くらいですかね。あんまり出しすぎず……、いや、出してるかな(笑) でも、そうやって、今は好きなことを仕事にできている。幸せですね。


左からアメジスト(¥45,150)、レモンクオーツ(¥31,500)


左からシトリン(¥35,700)、ブルートパーズ(¥26,250)

【出店情報】
「イベントショップ」
日程:5月17日(火)~30日(月)
時間:10:00~19:00
場所:そごう 横浜店 B1Fトランスマーケット

「イベントショップ」
日程:5月26日(木)~31日(火)
時間:10:00~20:00
場所:東京ますいわ屋 名古屋サカエチカ店

「イベントショップ」
日程:6月9日(木)~15日(水)
時間:10:00~21:00
場所:東急百貨店 渋谷駅・東横店 2Fアクセサリー売り場