4.kainatsu「LiFEWORK」

kainatsu_main


editors_comment_kainatsu

“オトナ女子へのメッセージ”をテーマにしたニューアルバム
『LiFEWORK』を5月29日にリリースしたkainatsu(かいなつ)さん。
このアルバム、とってもすてきです。

実は他の媒体の仕事で『LiFEWORK』について
取材させていただく機会があったんですが、
取材が終わってからもずっと聴いています。
ドライな話をしてしまえば、取材が終われば、
別に音源を聴く必要ってないんですよね。
取材のために聴くわけですから。

でも、そういう部分を飛び越えて、
人に届くアルバムなんだと思います。
伸びのある歌声が心地いいし、
音の中から浮かび上がった歌詞がスーッと入ってくる。
そして、心の琴線を揺らすんです。

まずは下にあるPVをポチッと再生していただくか、
リンク先にある全曲試聴で曲を聴いていただいた上で、
インタビューを読んでいただくのがいいのかな、と。

数千字の原稿よりも、楽曲の一小節のほうが説得力を持っています
——記事をつくる自分がそう言い切る気持ちになれるのだから、
本当にいいアルバムなんだと思います。

一人でも多くの方に、この作品が届きますように。

(石川)

※全曲試聴はコチラから


kei
kainatsu_midashi1
——ニューアルバム『LiFEWORK』は、“オトナ女子へのメッセージ”がテーマになっています。ヘアケアブランド「BEASHOW by Noz」のCMソングとして話題になった「凛ダンス」をはじめ、収録されている11の楽曲にはそれぞれのストーリーがあって、女性が持つさまざまな葛藤や悩みが描かれていますね。

私自身、今年が20代最後の年になるんですが、
いろいろな思いを抱える同年代の女の子たちの横に並んで、
“今”を一緒に駆け抜けていきたいという気持ちが強くあって。
『LiFEWORK』は、そんな思いを込めたアルバムになりました。

歌詞に書いていることのきっかけは
自分自身が感じたことだったりもしますが、
曲の中には必ず主人公の女性がいるんです。

「何歳ぐらいの女性で、どんな性格で、
どんな仕事をしていて、どんな恋愛をしているか」というのを
最初に決めてから曲をつくっていくことが多いので、
一つひとつの曲を短編小説やエッセイ、
映画を観ているような感覚で聴いてもらえると思います。


——楽曲が持つ音の心地よさはもちろん、歌詞がとてもすてきだと思いました。タイトルトラック「LiFEWORK」の「わたしを生きる事が わたしのライフワーク」という歌詞が象徴的ですが、全編を通して「今を認めて、受け入れようと前に進んでいく」。そんな力強さと優しさにあふれているように感じました。

ありがとうございます。
「わたしを生きる事が わたしのライフワーク」という言葉は、
録り終えた曲を聴きながら「自分はこの曲たちを通して、何を伝えたいのか」と
考えていた時に浮かんできたものなので、
それがどの曲にも共通しているんだと思います。

実は、今回のアルバムは最後までタイトルが決まらなかったんですけど、
その言葉からアルバムタイトルが決まり、タイトルトラックも生まれたんです。


kainatsu_midashi2
——移籍を経てリリースされる『LiFEWORK』は、3年4ヶ月ぶりのアルバムとなりましたが、前作との変化をどのように感じていますか?

震災(東日本大震災)が起きてから、
自分の考え方がすごいシンプルになったんです。
たとえば、今までは曲をつくる時に
「こういうサウンドでやりたい」とか
「どういう風に見られたいか」とか、
いろいろなことを考えすぎてしまって。

でも、震災が起きたことで、
「自分にとって本当に大事なものって、なんだろう」と
改めて考えさせられたんです。
私に限らず、多くの方がそうだったと思うんですけど。

そこで思ったのは「大事なものって、多くなくていいな」ということです。
私の場合はそれが音楽であり、それを聴いてくださる人、
周りにいてくれる人、これから出会う人たちで。
それらを大切にしていきたいと思ったんです。

そこから、歌うメッセージが変わっていきました。
“今”という瞬間をこれまで以上に大事にしたり、
“今”を生きる自分をどうすればもっと好きになれるかな、と感じたり。
そのためにはもっと自分と向き合うことが必要で、
自分と向き合うためには目の前にいる人とも
ちゃんと向き合わなければいけないな、とか。

すごいシンプルなことなんですよね。
それが歌詞やアルバムのアレンジにも表れていると思います。


——「自分と向き合う」ことで、『LiFEWORK』が生まれたんですね。

今回のアルバムをつくることで「私のライフワークは音楽だ」と、
改めて認識することが出来ました。細かいことやスタイルなどにとらわれず、
今の自分の正直な言葉・今を生きるみなさんが必要としている言葉を
しっかり感じ取って、それを音楽にしていきたいです。

『LiFEWORK』はそのタイトルのように、
長く聴いていただける1枚になりました。
1年後、3年後——タイミングによって響く曲がちがってくると思うので、
みなさんのライフに長く寄り添える作品になれればうれしいです。

kainatsu_sub



kei
ープロフィールー
lifework_asha

kainatsu(かいなつ)
2年間のインディーズ活動を経て、2006年11月「下北沢南口」(「甲斐名都」名義)でメジャーデビュー。以後、精力的なライブ活動のほかにも、ラジオパーソナリティとして活動している。

http://kainatsu.jp/


ーリリースー
プリント
『LiFEWORK』
2013年5月29日発売
初回限定盤(CD+DVD)\3,500- Delicious Deli Records UICV-9029
通常盤(CD)\3,150- Delicious Deli Records UICV-1027

【収録曲】
1.凜ダンス(「BEASHOW by Noz」 CMソング)
2.しあわせのレシピ(「2013世界の菓子まつり」 CMソング)
3.ツヨガールシンドローム
4.ダンスはNO REASON
5.facebookとチューインガム
6.Dearマッサカ様
7.melancholy
8.愛すべき君のグレーゾーン
9.いつかの春のメロディー
10.ワールドレコード
11.LiFEWORK(アピタ・ピアゴ「フランダースリネン」TV-CM タイアップ)

【DVD(初回限定盤)】
愛すべき君のグレーゾーン(PV)
ツヨガールシンドローム(PV)
facebookとチューインガム(PV)


ーライブー
「kainatsu LIVE 2013 〜 It’s my LiFEWORK 〜」
日時:2013年7月7日(日)open 17: 00 start 17:30
会場:Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
料金:前売¥3,500(税込/D別/全席指定)
(問)ディスクガレージ 050-5533-0888


> 「東京黎明ノートのいいもの」TOPに戻る