30歳になる、わたしたちへ。(安藤裕子 3/3)

main_thirty_andou

mokuji_andou
1.三十歳を超えた途端に、楽になった

2.“理想の自分”を押し付けられすぎかなって

3.「本当に楽しいね」って言える毎日を


<プロフィール>
安藤裕子(あんどう・ゆうこ)
1977年生まれ。シンガーソングライター。
2003年にミニアルバム『サリー』でデビュー。05年、月桂冠のテレビCMに起用された「のうぜんかつら(リプライズ)」が話題に。ソングライティング能力だけでなく、CDジャケットやコンサートグッズのデザイン、ミュージックビデオの監督など、そのアートワークも注目を集める。4月下旬発売のビューティ&カルチャー誌『CYAN』の表紙モデルに抜擢されているほかにも、今秋公開予定で、大泉洋さん、染谷将太さんらが出演する映画『ぶどうのなみだ』にヒロイン役として出演するなど、幅広く活動している。

http://ando-yuko.com


andou_midashi3

――30歳当時につくった楽曲で、印象深いものはなんでしょうか。

30歳の時、何つくったっけ(笑)。


――(笑)。

そうだな、『はじまりの唄』が30歳の頃だったと思います。


――ベストアルバムのラストに、新曲として収録された楽曲ですね。今振り返って、どのような曲だと感じますか?

私はたぶん、その頃、いろんなことを知ったんじゃないかなと思います。人をいたわる気持ちとか。それまでの自分はとにかく幼くて、どこかこう……「ママー、パパー」って親を探している迷子のようなところがすごく強かった。でも、『はじまりの唄』は、人を送り出すような曲で。

だから、ようやくそこで“元服(※編注:成人の儀式)”となった曲なんじゃないかな。きっと、自分もいろんな苦しみ・悩みがあったから、人のつらさとか、人の背負うものとか……そういうものをよく見ていた時期なのかなと思います。


――音楽を「一回やめないとダメかなと思った」というお話がありましたが、それでも今、こうして活動を続けられている理由というのは。

たとえば曲をつくる作業が楽しかったり、それをライブでやって、お客さんやバンドのみんなと一つになるっていうのかな。空気がぎゅってなって、うじゃうじゃってする瞬間も楽しいし。基本は楽しいからですよね。じゃないと、続かないと思います。私、習い事も部活も、一年以上続いたことないですから。だから、やっぱり、楽しいんだと思います。

あとは、ものをつくるのが基本的に好きで。自分たちがつくった曲を、だれかが「いいね」って言ってくれると「でしょぉ~!」って、うれしくなる。こう(親指を立ててウインク)、アイコンタクトしちゃうみたいな。友だちみたいな感じがする。一人じゃないって確認できるところでもあるというか。


――この先、安藤さんが個人としてでも、アーティストとしてでも、理想とする自己像というのはありますか?

とにかく、死ぬ時に満足がいくっていうことかな。だから、やりたいなって思ったことは全部やっていこうと思います。……結局、自分がどう感じるかだと思うんですよ、“生きる”って。

たとえば、すっごいお金持ちの大企業の社長がいたとしますよね。端から見たら「いいわね~」なんて思われていたとしても、その人が毎日仕事から帰って「うぇー!」って吐いちゃうぐらい嫌な思いをしてたら、その人は本当に不幸のどん底だと思う。だから、毎日どれだけ「本当に楽しいね」って言ってられるかなっていうのは考えます。


andou_sub3


thirty_mae

 



> 企画TOPに戻る



<リリース>
H1D

『Acoustic Tempo Magic』
2014年3月12日発売
CTCR-14823 / ¥1,890(税込み)

【収録曲】
1.slow tempo magic
2.黒い車 feat. NARGO(東京スカパラダイスオーケストラ)
3.早春物語(原田知世さんカバー曲)
4.隣人に光が差すとき
5.聖者の行進
6.世界をかえるつもりはない

【初回封入特典】
収録曲「黒い車」のミュージックビデオ(フルレングス)を先行視聴できる、安藤裕子さんデザインのフライヤー。AR(拡張現実)機能を使っての革新的な視聴方法です。

※期間限定視聴:2014年3月11日正午~4月11日正午。スマートフォン・タブレットPCのみ視聴可


<ライブ>
「安藤裕子 2014 ACOUSTIC LIVE」
5/6(火・祝) 神奈川 鎌倉芸術館 大ホール
5/16(金) 香川 高松市玉藻公園被雲閣大書院
5/17(土) 広島 尾道市民センターむかいしま文化ホール こころ
5/24(土) 大阪 サンケイホールブリーゼ
6/1(日) 仙台 宮城野区文化センター コンサートホール
6/7(土) 沖縄 桜坂劇場 ホールA
6/15(日) 名古屋 しらかわホール
6/21(土) 東京 めぐろパーシモンホール 大ホール
6/28(土) 福岡 IMSホール


>「特集記事」TOPに戻る