不定期更新、はじめました。

昨年7月の「定期更新、はじまります。」宣言から10ヶ月で、
このタイトルの記事。我ながら笑ってしまいます。

ここ数ヶ月、いろいろと考えたんですが、
やはり「東京黎明ノート」はしばらくの間、
不定期更新でいきたいと思います。

今まで登場していただいたのは、
僕が編集者として、心からすてきだと思える方たちなので、
「更新しないといけない」という気持ちに急かされて、
「まあ、この人でも紹介するか(微妙だけど……)」
——と妥協した記事をつくりたくないんです。
今まで紹介させていただいた人たちにも失礼ですし。

せっかく、広告の寄せ集めのようなメディアになるのを
避けてきたのだから、そこだけは守り続けていきたいと思います。

かといって、更新し続けなければ、
メディアが成長しないのはわかっています。
なので、まずは更新体制を整えていきます。

繰り返しにはなりますが、現在、
私はフリーランスの編集者として働いており、
まあ、そこそこ仕事をいただいています。
少なくとも、版元時代よりは確実に忙しいです。

しかし、今の現状に満足しているわけではありません。
この2年間、頭の中には常に自分のメディアのことがありました。
請負の仕事を優先して更新が滞っている時は、
「ああ、『東京黎明ノート』の更新しなくちゃ」
という意識が亡霊のように頭の中をさまよい続け、
常に何者かに責められているような気分でした。

ありがたいことに、更新のない時期が続いた時も、
訪問数が一定の水準で落ち着いているんですが、
それだけの方に楽しみにしていただいているんだ、と。

「請負仕事を減らすか? いやいや、家族が……」など、
葛藤もありましたが、少しは意識がスッキリしたように思います。

「もっともっと『東京黎明ノート』に費やせる資金を稼ぐ。
そのために、請負仕事も増やす。」——単純ですが、こんな感じです。
資金があれば、請負の仕事を分担するスタッフも雇い、
『東京黎明ノート』に回せる時間が増えますしね。

というわけで、長くなりましたが、
不定期更新、はじめました。

「何の記事を更新したんだよ」という読者の方。
今、見ているじゃないですか! この記事を!!
……嘘です、すみません。

トップページで新しく表示しているように、
まずは5月末〜6月上旬公開予定の「——平日、江ノ島。」を。
そのほかにも、いろいろ更新していく予定です。

不定期ながら「更新」です。
「放置しません」という宣言です。
意外と定期的に更新するかもしれません。

楽しみにしていただいている方には申し訳ございませんが、
水面下で複数の企画が動いておりますので、
もう少々お待ちください。

期待していただいて大丈夫です。

それにしても、当時のバナーと並べてみると、
気合いがフォントに表れているようで、
なんだかおもしろいですね。
肩の力が抜けたのかな。


teiki_koushin futeiki_koushin
堅牢なゴシック体から、ゆる〜い手描きフォントに……。