【編集後記】フダンヅカイ

決して少なくない嫉妬心でした、
「おめでとうございます」の前にあったのは。

——ほかとちょっとちがう、おはなしメディア『フダンヅカイ』。

立ち上げ時にサイトを拝見して思ったのは、
僕たち編集者の間ではいわゆるタブーとされることを軽々と、
そして、とても楽しげにやっていて「いいなあ」ということ。
記事内の僕の発言にもあった通り、うらやましさも覚えました。

でも、同時にとても気持ちよくもありました。
そこには、悪意もねじ曲がった正義感もなかったから。
その雰囲気の良さは、僕がここで長々と語るよりも
同サイトの記事を読むだけで実感することができるはずです。

今回、そんな『フダンヅカイ』さんと
共同企画を行うことができて良かったなと思っています。

WEBディレクターの加茂さんがつくったメディア『フダンヅカイ』、
編集者の僕がつくったメディア『東京黎明ノート』。
ちがう職業の2人が、メディア運営という同じテーマについて話す。
それによって、お互いの立ち位置や方向性が
より明確になったように思うからです
(いや、決めつけはよくない。僕だけかもしれない。
でも、加茂さんもそう思っていればうれしい)。

それにしても、僕を取材していただいた
『フダンヅカイ』さんの記事を読んでみると、
「情けねーヤツだなあ……」と思います(特に第4回の記事)。
でも、それが現在の自分なのだから仕方がない。

できれば数年後に再び共同企画を開いて、
お互いの歩みを確認できれば。
その時まで、必死こいてやっていきます。

加茂さん、この度は本当にありがとうございました。










……と、きれいに終わるのもいいんですが、
せっかくなので裏話を。

加茂さんからの取材依頼のメールの最後には、
下記のような文章が添えられていました。

******************************
「※あ、ちなみにシモネタも全然有りですので、ご安心下さい。
ただ、レベルが高いモノについてはカットする可能性は大ですw」
******************************

なぜか、僕が下ネタを言わないと
取材を受けない人間みたいになっています。
しかも、取材中はこのフリに応える形で
下ネタを言ったのに全カットされているという。

レベルが高かったのか……。
いや、そんなはずは…………。
「完全版」の公開、ご期待しています!!

いつもより私的な編集後記になってしまいましたが、
皆さま、『フダンヅカイ』『東京黎明ノート』を
今後ともよろしくお願いいたします。



> 企画TOPに戻る

『フダンヅカイ』さんでは、『東京黎明ノート』を取材していただきました。
同じく11月22日から全4回にわたって公開中です。