新しい自分

どうも、ご無沙汰しています。
『東京黎明ノート』編集長の石川です。

11月で、独立して半年が経ちました。
お陰さまで、日を追うごとに忙しくなっています。
その分、本HPの更新は相変わらず不定期に…….。
申し訳ございません。

そんな中、さる3日に誕生日を迎えました。
前日の2日は夕方に仕事を終え、一人で晩酌。
この一年を振り返っていました。

『東京黎明ノート』の立ち上げ。
会社からの独立。
そして、今日に至るまでの暗中模索の日々――。

独立当初は不安と孤独に押しつぶされそうでした。
『東京黎明ノート』の立ち上げにともなう希望に満ちた船出も、
生活への不安がどす黒い雨雲のように眼前に立ちのぼり、
徐々に希望の光を遮っていったのです。

正直、今でも不安や迷いはあります。
金銭面こそクリアーしましたが、
『東京黎明ノート』の記事を書けていないこと、
現在請けている仕事の幅や種類など……。

「本当にこれでいいのか?」と、常に自問自答しています。
孤独と不安が渦を巻き、夢を、希望を、未来を、自分を呑み込んでいく。

「……このままではいけない」と思い立ち、
ドラッグストアーへと駆け込み、ブリーチ剤とヘアカラー剤を購入。
日付が変わる前に、今の自分を変えたいと思いました。
寝て起きて、美容室へ行くのでは意味がなかったのです。

昨日までの“それ”とは明らかに違う、鏡に映る男の姿。
7年ぶりに髪を染めましたが、ここまで明るいのは10年振りです。
同じように人生の岐路に立ち、悩み、もがいていたあの頃。
バカでどうしようもなかったけど、とがっていて、エネルギーがあふれていた。

自分で染めた髪は少しムラがあるけど、それでいい。
あの頃と同じような髪色に引っ張られるように、満ち満ちたエネルギーを。
はじめて見る夫の姿に妻はびっくりしていましたが、
僕はまんざらでもありません。

新しい1年がはじまりました。